更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 01123456789101112131415161718192021222324252627282014 03

【  2014年02月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

おおおー!ありがとうございます!

未分類

2014.02.23 (Sun)

 ブラウザの不調なんですが、ちいさなほんだな(某魔術師の備忘録)のふぉるて様よりコメントを頂きまして、Windowsのスタートメニュー → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] → [システムツール]  → [Internet Explorer (アドオンなし)] でやってみると、普通に動きました!ですが、ちょっと体調が悪い上に大きなショック→悲しみで何もできずにお酒と薬で寝込む→怒りへと変わる(今ここ)と、ドタバタがありまして更新遅くなるか...全文を読む

PageTop▲

第10章 思い出 1

美理衣&ルーゼン 第10章 思い出(完結)

2014.02.19 (Wed)

 「……おい、ミリー。痛いんだが」「え…?」「指輪! 俺の首に突き刺さる!」「あ! ごめんなさい!」 ベッドの中で、ルーゼンの首に両腕を回して強く抱き付いていた美理衣だったが、ルーゼンから貰った指輪が、いつの間にかピンクダイヤモンドの部分が手のひら側に回ってそれをルーゼンの首に押し付けていたようだった。 慌ててルーゼンの首に回した両腕を外し、ダイヤモンド側を外向きに直す。「全く。俺を殺す気か?」 美理...全文を読む

PageTop▲

読切! 美理衣&ルーゼンのバレンタイン2014

★読切!(ショートショート・短編) 高校生の恋愛・大人の恋愛・ ファンタジー等

2014.02.14 (Fri)

  ある日の午後だった。 美理衣のボディーガードであるリオラがルーゼンの部屋を訪れた。「ルーゼン国王陛下。ミリー様は午前中よりご体調が悪く、今日の午後のお妃教育は全てお休みになられたいとのことなのですが」「ミリーが?」 朝起きてルーゼンに挨拶した時の表情はいつもと変わらなかった。だが、ミリーは一度「お妃なんて辞める!」と言って地下牢に閉じ込められて以来、今までお妃教育を休みたいなどと言ったことがなか...全文を読む

PageTop▲

読切! チョコの行方(中学生の恋愛)バレンタイン特集

★読切!(ショートショート・短編) 高校生の恋愛・大人の恋愛・ ファンタジー等

2014.02.14 (Fri)

 「これ、チョコなんだけど」 バレンタインデー。 放課後の裏庭で、私はぶっきらぼうに幼なじみである孝之にチョコを渡そうとした。恥ずかしくて顔を見ることもできない。 付き合いは幼稚園の頃からだけど、いつからだろう、孝之を「異性」と意識し始めた途端、私は急に今までどおり孝之と一緒に遊んだりできなくなってしまった。 バレンタインにチョコレートを渡すのも初めてだ。だって、孝之がこう言うのを聞いてしまったから...全文を読む

PageTop▲

読切! ひたむきな告白(中学生の恋愛)バレンタイン特集

★読切!(ショートショート・短編) 高校生の恋愛・大人の恋愛・ ファンタジー等

2014.02.11 (Tue)

  世の中はバレンタインデーとか騒いでいるけど、俺には関係ない話だ。 俺はいつものように、次の授業の予習をしていた。 そこに女子生徒がやってきた。名前は確か……石川優里だったかな。話したことはないが、名前はよく見かける気がする。「いつも勉強してるね、竹本くんって」 石川が言った。「まあ、目指してる高校があるから」「あの……空いている時間でいいから、これ読んで」 石川はそっと白い封筒とピンクのハート型に包...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第14話(最終回)

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.10 (Mon)

 「スカイル様! スカイル様!」 馬車の中でマーガレットは涙を流しながらスカイルの手を握り締めた。「マーガレット……。無事……で良かった……」 スカイルは息も絶え絶えの状態で言った。「私のせいで……スカイル様が……」「泣くな……。……約束……」「え……?」 スカイルが震える手を伸ばし、マーガレットの涙を拭いた。「俺がお前を守ると……約束を……木の下で……」 それだけ言うと、スカイルは意識を失ってしまった。 城で国一番の名医...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第13話

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.09 (Sun)

  それ以降、マーガレットは次第にスカイルに対する恐怖心も嫌悪感も薄れていった。 スカイルがそれを感じ取ったのかどうかは分からないが、スカイルも両親との面会日を増やしてくれたり、夜はいつも優しく抱いたりしてくれた。それは時には朝にも及んだが。 ある夜、抱かれたあと、いつものようにスカイルの肩にもたれながらマーガレットが言った。「いつかこの街を案内してもらえませんか? 私、この国に来てから外へ出たこと...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第12話

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.08 (Sat)

  翌朝マーガレットが目を覚ますと、スカイルはまだ眠ったままだった。 こうしてあどけない寝顔を見ると……やはりあの時の少年の面影が残っている。 無防備なその寝顔にマーガレットはそっと唇を重ねた。と、同時にスカイルが目を覚ました。「あ……申し訳ありません!」 慌てて顔を遠ざけようとしたマーガレットの頭をスカイルが押さつけた。「お前は……俺にキスをしたのか?」「そ、そうです……。すみませんでした……」「寝ていて分...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第11話

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.06 (Thu)

  昨夜のマーガレットの体は緊張と恐怖で全身が強張っていた。 今日も多少の緊張は残っていたが、「優しく抱いてやる」というスカイルの言葉で、マーガレットには恐怖心はなかった。 実際、スカイルは、昨夜と同様にゆっくり丁寧に時間をかけてマーガレットを愛撫し、キスをした。スカイルに優しく体に触れられ、キスをされるたびに、甘い感覚がマーガレットを包み込んだ。スカイルの体を通して、スカイルの愛が伝わってくるよう...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第10話

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.06 (Thu)

  スカイルと共に、両親の居場所へ向かった。 幽閉、という言葉から、地下牢のようなところに閉じ込められていると思っていた。 だが、それは、普通の廊下の一角にある、一見普通の扉だった。 ただ、外から鍵がかけられているらしく、スカイルが鍵を開けてマーガレットを中に入れた。「話が終わったら出てこい」 スカイルは部屋の外で待っているつもりのようだった。「マーガレット!」 マーガレットを一目見た父親がマーガレ...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第9話(R-18 性的なシーンが含まれております)

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.05 (Wed)

  翌朝、マーガレットは恥ずかしくてスカイルの顔を見られなかった。 恥ずかしい声を上げ、恥ずかしい格好をさせられ、恥ずかしい部分を見られ……。 スカイルと視線を合わせようとしないマーガレットに気づき、スカイルが言った。「どうした。昨夜のことで、俺のことが一層嫌いになったか」「そんな……。 ただ……恥ずかしくて……」 マーガレットは真っ赤になってうつむいた。「あんな程度で恥ずかしいのか。今夜からはもっと辱めて...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第8話(R-18 性的なシーンが含まれております)

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.04 (Tue)

  舞踏会が終わり、マーガレットは着替えたあと、いつもどおりスカイルと共に寝室に入った。 そして、いつものように、眠る前にスカイルと軽くキスを交わす……はずだった。 しかし、スカイルはマーガレットの唇に自分の唇を押し付け、強引に舌を入れてきた。「ん……っ! 何を……!」 戸惑うマーガレットをよそに、スカイルはマーガレットの寝巻きを脱がし始めた。「なにをなさるんですか!?」 抵抗するマーガレットにスカイルは...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第7話

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.02 (Sun)

  座ったままのマーガレットに、すっと手を差し伸べられた。スカイルの手を借りてマーガレットは立ち上がった。「こっちへ来い」 マーガレットの手を握り締めたまま、スカイルが舞踏会の会場に繋がる廊下へ出た。「あの……どこへ……?」 スカイルは答えない。マーガレットは不安になった。 廊下から通用口へ出た。 そこは初めて来た場所なのに、マーガレットはなぜか懐かしさを感じた。「お前と俺の指輪を埋めたケヤキの木を再現...全文を読む

PageTop▲

約束の王子 第6話

約束の王子 異国系物語  (全14話完結)

2014.02.01 (Sat)

 「――姿が見えないと思えば。何をしている」 振り返ると、スカイルがその臣下数人と共にバルコニーに立っていた。「こ、これはスカイル王子様……。実はマーガレット姫に誘惑され、一緒に逃げてほしいと言われまして……」「…………!」 男の言い訳に、マーガレットは咄嗟に言葉も出せなかった。 スカイルが男に言った。「お前は今後、俺の城に出入り禁止だ。さっさと追い出せ」 スカイルの臣下が男を無理やり引き連れていくのを、マー...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年02月       翌月

Menu

プロフィール

Sha-La

Author:Sha-La
普段はうつ病カテに棲んでいます。。。

文章を読めませんが、
文章を書いています。

当ブログはリンクフリーです。

ランキング参加中です。
応援クリック頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

このブログに関する文章・画像等の
無断転載はご遠慮下さい。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。