FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←奴隷になった娘 1 →奴隷になった娘 3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【奴隷になった娘 1】へ
  • 【奴隷になった娘 3】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「★短編集11~30話までの作品(完結)」
奴隷になった娘 異国系物語(全19話完結)

奴隷になった娘 2

 ←奴隷になった娘 1 →奴隷になった娘 3
 翌日、父が言った。

「今日は給料日だ。たまには隣の街で美味しい食事でもしよう」

 クレアはこの村から出たことがなく、隣の街など行ったことがなかった。隣の街は生地でも衣服でも本でも宝石でもなんでもある街らしい。

「でも、お父様、お母様の病気のためにもお金は貯めておいたほうがいいんじゃ…」

 そう言うクレアの頭を父親は優しく撫でた。

「たまに美味しい食事をするくらいなら大丈夫だ。妻も栄養を摂れば元気になる」

 馬車で隣の街へ向かうにつれ、人通りや街並みが華やかになってくる。
 クレアは初めて見る新しい世界に目を輝かせた。
 見たこともないような立派な作りの店の前で馬車が止まった。どうやらここが食堂らしい。
 馬車を降りた3人に1人の男が声かけた。

「これは偶然ですな、スレドご夫妻とクレア」

 振り返ると昨日家にやってきた男がいた。

「今からご昼食ですか? よければご一緒しましょう。私が支払いますので」
「いえ、そんな、ザーキ様。お支払いなんて、とんでもありません」

 父が断った。男はザーキ様というらしい。

「そうおっしゃらずに。これも何かの縁ですから」

 そう言ってザーキは食堂のドアを開け、3人を中に入れた。





ランキング参加中です。応援クリック頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して続きをアップします。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より

美理衣&ルーゼン第6章「狙われた水晶の女神像」、本編たくさん拍手いただき
ありがとうございました。
えー…。番外編も読んでいただけると嬉しいです…。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【奴隷になった娘 1】へ
  • 【奴隷になった娘 3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【奴隷になった娘 1】へ
  • 【奴隷になった娘 3】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。