FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第1話 全7回予定 →「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第2話 全7回予定
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第1話 全7回予定】へ
  • 【「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第2話 全7回予定】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「★短編集11~30話までの作品(完結)」
奴隷になった娘 異国系物語(全19話完結)

奴隷になった娘 9

 ←「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第1話 全7回予定 →「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第2話 全7回予定
 その後、ラティルにお茶を入れたり、ラティルの部屋を掃除したりしている内に時間が過ぎた。

「――そろそろ寝るか」

 ラティルの声に、クレアは奴隷用の寝室という4人部屋を思い出した。
 昨日までは、狭かったが自宅の自分だけの部屋のベッドで眠っていたのに…。
 クレアはラティルに頭を下げ、寝室に下がろうとした。だが、ラティルがクレアの腕を掴んだ。

「待て。今日からお前の寝床は俺のベッドだ」
「えっ!?」

 驚くクレアにはお構いなしに、ラティルはクレアの腕を掴んだまま隣の寝室へと連れて行った。
 寝室の扉を開け、クレアを中に入れると、ラティルは扉を閉めて灯りを点けた。

「私……私……奴隷用のベッドがありますから……!」

 上着を脱ぐラティルの横を駆け抜け、クレアは寝室の扉に向かおうとした。

「ダメだ。300万テスは、俺の夜の相手を務める金額も含めて支払った金だ」

 扉に向かうクレアの腕が掴まれた。

「離して!」

 クレアは必死に抵抗したが、ラティルの力は強く、ベッドまで引きずられるように連れて行かれた。

「…………っ!」

 ラティルは無言のままクレアをベッドに押し倒した。
「やめて! 離して!」

 なんとかベッドから起き上がろうとするクレアにラティルが薄く笑った。

「往生際の悪い娘だな。自分の立場を分かっているのか? お前は奴隷だ。俺の言うことに逆らうな」

 そう言ってラティルはクレアの首筋にキスをした。同時に、服の上から胸が触られるのを感じた。

「いやっ!」

 クレアは全力でラティルを突き放し、寝室の扉へ向かって走った。必死にドアノブを回すが扉は開かない。

「無駄だ。鍵をかけてある。お前はお前の意思ではここから出られない」

 その言葉はクレアにとって死刑宣告のように響いた。


ランキング参加中です。応援クリック頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して続きをアップします。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より
先に、こっちに2拍手付いたので、
こっちをアップします。

拍手くれないと、読んでもらっていないor読んだけど続きを読むに当たらない
と判断されたものとして、続きはアップしません。(←すねる作者)
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第1話 全7回予定】へ
  • 【「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第2話 全7回予定】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第1話 全7回予定】へ
  • 【「生徒会長様!」3(恋人のポジション)第2話 全7回予定】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。