FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←読切! 死にたい女(現代ファンタジー) 1話完結 →奴隷になった娘 16
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【読切! 死にたい女(現代ファンタジー) 1話完結】へ
  • 【奴隷になった娘 16】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「★短編集11~30話までの作品(完結)」
奴隷になった娘 異国系物語(全19話完結)

奴隷になった娘 15

 ←読切! 死にたい女(現代ファンタジー) 1話完結 →奴隷になった娘 16
 その日は一日中ラティルに付き添うよう命じられた。
 部屋での仕事、他の貴族たちとの談笑、小作農奴隷による畑仕事の管理など、ラティルの行く場所には全てクレアが付き添った。


 その夜、クレアは再びラティルの寝室に連れて行かれた。

「さて。今夜はどうしてやろうか?」

 ラティルの言葉にクレアが後ずさりをする。

「逃げようとしても無駄だぞ? 今夜も扉には鍵をかけている」

 そう言ってラティルは笑いながらクレアの腕を掴み、昨夜のようにベッドに押し倒した。

「いやっ! やめてください!」
「キスくらいは慣れただろう?」

 ラティルは片手でクレアの両手首を掴み、もう一方の手でクレアの顔を正面に向けさせ、軽く唇を重ねた。
 唇が離された瞬間、思わず顔を背けようとしたが、ラティルの手がそれを許さなかった。

「こんな軽いキスにも慣れないのか?」

 ラティルが軽く笑いを含んだ声でクレアの耳元で囁いた。

「――では、俺が慣れさせてやる」
「いやっ…! 何を…っ!?」

 ラティルは再びクレアの唇に自分の唇を重ね、今度は深く味わうようにキスをした。昼間、使用人の男にされた強引なキス時とは違い、甘い感覚がクレアを包み込んだ。

「ん……っ! あ……っ!」

 甘美さに思わず吐息が出る。
 ラティルは最後にクレアの下唇を軽く噛んでから唇を離して、やはりクレアの耳元で囁いた。

「いい声じゃないか。――もっと鳴き声を聴きたくなる」

 そう言って、ラティルは再びクレアに甘いキスをした。




ランキング参加中です。応援クリック頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して続きをアップします。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より
久しぶりの「奴隷になった娘」の更新です。
 
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【読切! 死にたい女(現代ファンタジー) 1話完結】へ
  • 【奴隷になった娘 16】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【読切! 死にたい女(現代ファンタジー) 1話完結】へ
  • 【奴隷になった娘 16】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。