スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←第9章 3人の囚人 2 →第9章 3人の囚人 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【第9章 3人の囚人 2】へ
  • 【第9章 3人の囚人 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

美理衣&ルーゼン 第9章  3人の囚人(完結)

第9章 3人の囚人 3

 ←第9章 3人の囚人 2 →第9章 3人の囚人 4
「……お前、何を言ってるんだ」

 ルーゼンは再びソファーに座った。

「大の大人の男たちが、あの手この手で吐かせようとしてできなかったから、今回の最終手段だぞ? お前の説得くらいで簡単に話すようならこんな苦労はしてない」
「でも、せめて、5日! いえ、3日でもいいので時間を下さい! 私に話をさせて下さい!」

 ほとんど話もしなかった相手だったが、自分と少しでも関わりのある人間がみすみす殺されることに美理衣は強い抵抗を感じていた。その命令を出すのがルーゼンということにも。

「3日で何ができる? 大体、拘置所の檻の中に入れ看守もいるとは言え、そんな危険なところにお前を行かせられるか」
「リオラさんが一緒に……!」
「リオラには女神像の詳細は話していない。まあ、察しのいい娘だし、お前の救出の時には協力してもらったから多少は分かっているだろうが、女神像の秘密をこれ以上他の人間に知らせることはできない」
「そんな……」

 何か、何か方法があるはずだ。必死に考えてとっさに言った。

「じゃあ、ロウさんに一緒についてきてもらえば……!」
「お前はっ!」

 いつもの怒鳴り声が響く。美理衣は反射的に身体を小さくした。

「お前のわがままで俺の部下を振り回すなと言っただろう! 大体、ロウを連れて行ったら俺の仕事にならん!」
「ルーゼン様」

 ロウが口を挟んだ。

「急な話で大変申し訳ございませんが、本日より私用にて3日間有給休暇を取らせていただきたいと存じます。その間、私はミリー様に付かせていただきます」
「ロウ! お前まで何を言い出すんだ!」
「このままではミリー様もご納得頂けないでしょう。ミリー様、3日間説得して何も訊き出せなければ、お諦めくださると約束なさいますね?」

 3日……。正直自信はなかったが、自分に与えられた最後のチャンスだと思った。

「……はい。約束します」

 ルーゼンは深くため息をついた。

「……分かった。3日だな。お前たちの好きにすればいい。ただ、ミリー」

 ルーゼンは、美理衣の目を見つめた。

「あの3人は今は相当な惨状だ。それを見る覚悟をして行け」
「はい……」

 美理衣はよく分からなかったが、とりあえず返事をした。

「それからロウ。3日間は代理の執事を呼ぶから、ここにお前の寝る場所はない。勝手にどこでも好きなところで寝ろ」

 ロウが笑った。

「ご配慮、痛み入ります」





ランキング参加中です。応援クリック頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して続きをアップします。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より
えーと特になし。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【第9章 3人の囚人 2】へ
  • 【第9章 3人の囚人 4】へ

~ Comment ~

NoTitle

こんにちは!
今ファンタジーのゲームをやってますので、なんかイメージがかぶりますw
今後の展開に期待します。。
ではでは!

ヒデ王様

こんにちは。
おお。
ちょうど、ファンタジーのゲームをされているんですね。
ぜひ、ヒロインの名前をミリーに(笑)

今回長くなりそうですが、
お付き合いくださると嬉しいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【第9章 3人の囚人 2】へ
  • 【第9章 3人の囚人 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。