FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←デス・フィアンセ~死神の婚約者 第5話 →デス・フィアンセ~死神の婚約者 第7話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第5話】へ
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第7話】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

デス・フィアンセ~死神の婚約者

デス・フィアンセ~死神の婚約者 第6話

 ←デス・フィアンセ~死神の婚約者 第5話 →デス・フィアンセ~死神の婚約者 第7話
 家に帰り、自分の部屋に戻ると、谷本先生のことが次々に思い出されてきた。
 谷本先生のホームルームや英語の授業を思い出すと涙が出てきた。面白くもないギャグを連発する先生だったが、今思えばそれも懐かしい。
 私が…私がいなければ谷本先生が亡くなることはなかったのに…。
 止まらない涙をハンカチでそっと押さえ、輝夜は言ってみた。

「……死神さん」

 その瞬間、輝夜の部屋にマント姿の死神が現れた。

「お呼びかな? ――我が婚約者殿?」

 顔の見えないマント姿で、死神はうやうやしくお辞儀をした。

「聞きたいことがあるの」
「何だ?」
「あなた、名前はあるんですか?」

 一瞬死神は面食らった様子だった。

「まあ、死神もたくさんいるから、それぞれ名前はある。俺はロードだ」
「ロード……」
「L-o-r-d. Roadじゃないぞ?」

 英語教師らしく、ロードは答えた。

「もう一つ…。私があなたの花嫁になったとしたら、私はどうすればいいんですか?」
「死神族の一員となるから、基本は俺たちと同じように、生きている人間を死に導くのが仕事だ。……だが、慣れるまでは何もしなくていい。俺のそばにいてくれればそれでいい」
「何も……しなくてもいいんですか?」
「まあ、当分はな」
「じゃあ、私……」

 そう言って覚悟を決め、輝夜は大きく息を吸った。

「あなたの、花嫁になります!」
「まだダメだ」

 あっさり却下されてしまった。

「どうして!? まだ17歳になってないから!?」

 それには答えずに、ロードは言った。

「花嫁になんて絶対ならない、とさっき言ったばかりなのに、なぜ考えが変わった?」
「それは……私のせいでこれ以上人を殺したくないから……」

 言いながら、谷本先生のことを思い出し、再び涙が出てくる。

「お前が誰かのためではなく、お前自身が俺を愛し俺との結婚を望むようになるまでは花嫁にはしない」
「そんな……っ!」
「猶予は2ヶ月ある。それまで、死者が増えるか、お前が俺を愛し、俺との結婚を望むようになるか、見ものだな」

 そう言ってロードは笑い、姿を消した。




面白かったよ!って思ってくださったら下のランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して更新します。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より
長らく更新できずにすみませんでしたー!m(_ _)m ←土下座
できれば、もうちょっと更新頻度を上げたいです。
手直しがね……。ちょっと面倒で。
それでも読んでくださっている読者さんたちには感謝の気持ちでいっぱいです!
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第5話】へ
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第7話】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第5話】へ
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第7話】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。