FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←デス・フィアンセ~死神の婚約者 第6話 →読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第6話】へ
  • 【読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

デス・フィアンセ~死神の婚約者

デス・フィアンセ~死神の婚約者 第7話

 ←デス・フィアンセ~死神の婚約者 第6話 →読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛)
 その次の日、輝夜は学校を休むことにした。
 本当は谷本先生の告別式に行きたかったのだが……谷本先生を死に追いやったのが自分だと思うと、参列する資格がないような気がしたからだ。
 その代わり、昼過ぎに輝夜はひっそりと近くのお寺へ行ってみた。谷本先生の告別式のあるお寺ではないが……。せめて、先生のご冥福を祈り、自分のせいで亡くなった命に対して謝罪をしたかった。
 小さな山の上にあるそのお寺は、ひっそりとしていて、平日の今頃の時間帯には誰もいないようだった。
 その後、まっすぐ家に帰るのもためらわれて、輝夜はなんとなく誰もいないお寺の裏側に回ってみた。
 するとそこには、同い年くらいの男4人のグループが座り込み、タバコを吸ったり、ビールを飲んだりしながらくつろいでいた。制服を着ている者もいる。学校は休んだのだろうか。
 ややこしいことには関わらないでおこう。輝夜は踵を返した。しかし、不良グループの一人が輝夜に気づいた。

「女の子一人、珍しいねー。一緒に遊んでいかない?」
「あの、もう私帰りますから」
「そんなこと言わずにさあ。男4人で退屈していたんだ」

 一人の男が輝夜の腕を引っ張り、輪の中に連れ込んだ。

「可愛いね。どこの学校?」
「私、本当に帰るので……」
「そんなこと言わずに、いっしょに楽しもうぜ」

 そう言った男が突然輝夜を地面に押し倒した。

「いやっ!」

 輝夜は抵抗するものの、男4人に押し付けられ身動きが取れない。
 服を引き裂く音が聞こえ、輝夜の裸の体に忌まわしい手が触れるのを感じた。

「やめてっ! 大声出しますよ!」
「どうせ、こんなとこ誰もこないって」

 男たちはニヤニヤ笑いながら輝夜の体中をまさぐった。

「いやーーーっ! やめて! ロードっ!」

 ロードの名前を呼んだのはほとんど無意識だった。
 だが、その名前を呼んだ瞬間、4人の男は輝夜から離れ、バタンと倒れた。

「大丈夫か!?」

 紫仙先生姿のロードが現れた。
 手を差し伸べられ、恐る恐る立ち上がる。

「怪我はないか?」
「私は大丈夫です。でもこの4人の人は……」
「俺が殺した」
「…………!」

 助けてもらったとは言え、あっさりと人を殺すロードのことはまだ輝夜には怖かった。

「どうせ、この4人は、数日中にバイクの暴走事故で死ぬ予定だった」

 付け足すようにロードが言った。

「先生……授業中だったんじゃないですか?」
「授業よりお前のほうが大切だ。ほら。ハンカチ」

 ハンカチを差し出されて初めて、輝夜は自分が泣いていることに気づいた。

「怖かっただろう。すぐに気づいてやれずに悪かったな」

 紫仙姿のロードが輝夜の頭を撫でた。急に涙が溢れ出てきて、輝夜は紫仙の胸元で泣いた。紫仙は輝夜が泣き終わるまで優しく抱きしめてくれていた。


 引き裂かれた服が見えないよう、紫仙のスーツの上着を借りて、家に帰った。紫仙が家まで送ってくれた。

「……ありがとうございました」

 礼を言うのも、ロードに抱きしめられて泣いたのも我ながら不本意だったが、輝夜は一応助けてもらった礼を言った。

「大切な俺の婚約者だからな」

 そう言って、紫仙姿のロードは輝夜の頬にキスをした。思わずドキッとする。

「俺は学校へ戻るが――何かあれば、すぐに俺を呼べ」

 紫仙の姿が消えた。




面白かったよ!って思ってくださったら下のランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して更新します。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より
連載中なのになかなか続きをアップできず、申し訳ないです。
できるだけ更新頻度を上げたいです。
頑張ります。
読んでくださっている方、本当にありがとうございます。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第6話】へ
  • 【読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛)】へ

~ Comment ~

一気読みしちゃいました!

ドキドキ・ハラハラな展開ですね!
いつも一話目から引き込まれます。

そしてお話のテンポが良いので、
スムーズに読めるところが良いですね。真似したい!

それと、容赦ない感じのシリアス加減が、もう私のツボです!

手直し等、ご苦労されると思いますが、
続きを楽しみにしております^^

氷魚様

一気読みありがとうございます!
スムーズに読めますか?
氷魚さんにそう言っていただけて嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ
そういえば、シリアスですね←言われて気づく(笑)
忘れた頃に更新していると思いますので
また読んでいただけると嬉しいです!

いつも温かいコメントをありがとうございます!
返信遅くなってすみませんでした(>_<)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第6話】へ
  • 【読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。