FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛) →次回の更新予定
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛)】へ
  • 【次回の更新予定】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

デス・フィアンセ~死神の婚約者

デス・フィアンセ~死神の婚約者 第8話

 ←読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛) →次回の更新予定
 これで、自分のせいで、5人の人間がロードによって殺されたことになる。谷本先生も今日の人たちも、数日後には事故で亡くなる予定だったらしいが……。
 自分の部屋に戻った輝夜は引き裂かれた服を脱ぎ捨て、別の服に着替えた。
 誰もいない自宅に一人でいても、自分が死なせた5人のことを思うばかりだ。思い切って再び外に出てみた。だがさすがに先ほど男達に襲われたことを思い出すと怖い。今度は、人通りの多い街へ向かった。
 華やかな大通りを歩いていると、少し気が紛れてくるのが分かった。

「お嬢ちゃん、占っていかないかい?」

 交差点を少し過ぎたところで、かなり年配と思われる女性が丸い大きな水晶を前に座っていた。

「占い……?」

 普段、輝夜は自分の星座や血液型占いくらいしか興味はなかったが、今の状況だと占いも何かの助けになる気がした。

「おや、お嬢ちゃん、死神の婚約指輪をはめているね」
「…………!」
「死神と結婚するのかい? ……それとも無理やりはめられたのなら、私が外してあげようか」
「外せるんですか!?」
「もちろん。だてに長年占い師をやっているわけじゃないからね」

 輝夜は占い師の正面の椅子に座った。

「じゃあ、外してあげよう」

 自分ではどうやっても外せなかった指輪を、その占い師の女性はいとも簡単にスルリと外した。

「ありがとうございます!」
「……こちらこそ、ありがとう」

 年配の女性のはずだった占い師の声が若い男性の口調に変わり、輝夜がハッと顔を上げると、そこには占い師ではなく、全身黒いマントで覆われた人物がいた。

「ロード!?」
「そうか、この指輪はロードのものだったのか。それはいい獲物を見つけた」

 その黒マントの人物は、突如、大きな刀を輝夜に振りかざした。
 輝夜は逃げようとするものの、ふと気づくと、そこは人通りの多い交差点ではなく、霧に包まれた何もない空間になっていた。




面白かったよ!って思ってくださったら下のランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して更新します。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より
のんびりペースで更新していますが、
実はこのストーリー、結構長いです…。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛)】へ
  • 【次回の更新予定】へ

~ Comment ~

良いところでっ><

次回に持ち越しなんですね!
続きが気になって眠れませんでした。
たくさん寝たけれど(笑)
ものすごく先が気になります!
楽しみだなぁ。楽しみすぎます><b

次々と(主人公カップルにとっての)障害が出てくると、読んでいてワクワクしてきます♪ 
勢いのある物語って良いですね!^^

長い物語ということでしたので、ご苦悩・ご苦労があると思いますが、ファイトです!!応援しております^^

氷魚様

いつも温かいコメントをありがとうございます!
そして、コメント返信がいつも遅くなって申し訳ありません…。m(_ _)m

続きが気になるって思っていただけて
とても嬉しいです。
よく眠られたようで、それはそれで嬉しいです(笑)

この物語は障害ばかりのような気がします。
高校生と死神というあたりがすでに障害ですし(笑)
どうなるのか!?と思っていただけると
とても嬉しいです。

氷魚さんからの応援、とても嬉しいし心強いです。
ありがとうございます!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【読切?win-win恋愛ごっこ(高校生の恋愛)】へ
  • 【次回の更新予定】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。