スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←次回の更新予定 →いろいろと体調不良です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【次回の更新予定】へ
  • 【いろいろと体調不良です】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

★読切!(ショートショート・短編) 高校生の恋愛・大人の恋愛・ ファンタジー等

読切?win-win恋愛ごっこバレンタイン編(高校生の恋愛)

 ←次回の更新予定 →いろいろと体調不良です
「葵。分かっているだろうが、バレンタインにはチョコレート持ってこいよ」

 バレンタインデーを数日後に迎えたある日の帰り道、前原海斗が言った。
 海斗と私はただの幼馴染だが、今は訳があって「付き合っているふり」をしている。
 海斗はモデル顔負けのルックスだが、女嫌いだ。他の女子を避けて受験勉強に専念するために付き合っているフリをしている。――そして私はある人物を見返してやるために。
 お互いの目的のためだけに、私たちは学校では『超ラブラブカップル』を演じている。

「はいはい」
「当然、手作りのな」
「はいは……はい?」

 なんで本当の彼氏でもない海斗に手作りチョコなど持っていかないといけないのか。その辺のコンビニで買ったチョコで十分だ。

「毒を以て毒を制すっていうだろ。手作りチョコを俺が持っていたら、他の女子からのチョコを断りやすくなる。間違ってもその辺のコンビニのチョコなんか持ってくるなよ」
「チョコくらい受け取ってあげればいいのに。せっかく海斗なんかのために用意してくれたんだから。――って私の手作りチョコを毒扱いするな!」
「馬鹿か。一度でもチョコを受け取ったりしたら後々面倒だろうが。その面倒を避けたいからお前からの毒入りチョコレートでも受け取ってやろうって言ってるんじゃないか」

 本気で毒でも盛ってやろうかという気になってきた。理科室から塩酸でもちょっともらってきて……。

「葵」
「何よ」
「手作りチョコ、俺以外の他の男には絶対渡すなよ」

 私はため息をついた。

「それくらい分かってるわよ。私たちは『ラブラブカップル』なんだから、私が他の男子に渡すわけないでしょ」
「アホか。そういう意味じゃない」

 なぜか苛立ちを含んだような海斗の口調に私は訳が分からず海斗の顔を見た。冷たさすら感じられるほどの端正な顔つきで私は見下ろされていた。

「他の奴に渡したりして腹でも壊されたら、手作りチョコ持って来いって言った俺の責任になるだろうが」
「…………」

 絶対毒を盛ってやる。

 と思ったが、理科室の薬品をしまう棚には鍵が掛かっていて、結局普通に手作りチョコを作って可愛くラッピングし、朝の登校時に海斗に渡した。

「ま、前原くん……。彼女がいることは知っているんだけど、どうしてもチョコをもらってほしくて……」
「ごめんなさい! 僕、愛する彼女から手作りのチョコをもらっちゃって。ほら、こんなに可愛くラッピングもしてくれて。だから他の女の子からは受け取れないんだ。気持ちだけありがたく受け取っておくよ。ありがとう」

 海斗の満面の(作り)笑顔に、また一人しょぼんとして女子生徒が教室を去っていった。
 そして今度は同じクラスの女子が海斗の座席までやってきた。

「前原くん、これ、いつもお世話になっている義理チョコみたいなものだから受け取って?」
「ごめん! 葵がさ、義理チョコでも自分以外からのチョコは受け取るなって言うから。僕も葵を悲しませたくないし。だから受け取れないよ。ごめんね。他の奴にあげて?」
「……そう。分かった」

 その女子生徒はキッと私を睨みつけて自分の席に戻った。

「……海斗」

 私は海斗にだけ聞こえるくらいの小声で囁いた。

「チョコを受け取らないのは勝手だけど、私のせいにしないでくれる?」

 海斗は休み時間も数学の問題を解く手を休めず答えた。

「やだなあー。そんなに心配しなくても、僕には葵がいるんだから、他の女の子からチョコをもらうわけないじゃないか」

 海斗の大きな声に余計女子生徒たちからの視線が突き刺さるような気がした。

「だから! そういうのやめてって!」

 小声ながら叫ぶように言う。

「来年も楽しみにしているよ、葵」

 明るい口調とその言葉の内容とは裏腹に、海斗はノートに数式を書き続けた。
 来年は絶対毒を盛ってやる。




面白かったよ!って思ってくださったら下のランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して更新します。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より
「win-win恋愛ごっこ」の続編というかバレンタインデー作品です。
次回より「デス・フィアンセ」を再開させます。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【次回の更新予定】へ
  • 【いろいろと体調不良です】へ

~ Comment ~

NoTitle

こんにちは。マルオです。
このシリーズ、なかなか面白いですね。
私だったら本当に毒を盛ってやるでしょうね。
なんて危ない発言が出てきそうなくらいやっぱり面白い!
たまに気が向いた時で構いませんから、このシリーズ続けて欲しいです。

マルオ様

いつもコメントありがとうございます!
面白いと言っていただけてとても嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ
ありがとうございます。
本当に毒を盛りますか(笑)
シリーズ化してちょこちょこと書いてみますね。

俄然、やる気がでてくるコメントをありがとうございました!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【次回の更新予定】へ
  • 【いろいろと体調不良です】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。