FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←デス・フィアンセ~死神の婚約者 第16話 →読切!明けない夜はない~秘密のプチ家出(中学生の恋愛・ピュア)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第16話】へ
  • 【読切!明けない夜はない~秘密のプチ家出(中学生の恋愛・ピュア)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

デス・フィアンセ~死神の婚約者

デス・フィアンセ~死神の婚約者 第17話

 ←デス・フィアンセ~死神の婚約者 第16話 →読切!明けない夜はない~秘密のプチ家出(中学生の恋愛・ピュア)
ふっとスーツ姿の紫仙が黒マントの死神姿に戻った。思わずギクリとした輝夜が1歩後ずさりする。

「やはりまだ人間の姿を保っているのは今の俺にはきつい。……俺のこの姿が怖いか?」
「あの……まだ、見慣れてないから……。ごめんなさい……」

 本当は、普段は見えないフードの奥の骸骨の顔も、骨だけでできた手も何もかも怖かったが、輝夜は言葉を選びながら答えた。

「じゃあ……」

 再びロードが紫仙姿に戻った。

「お前を送っていくまで、この姿でいるから、お前のエネルギーを分けてくれ」

「あ……。はい」

 輝夜は上を向いてそっと瞳を閉じた。輝夜の唇に紫仙の冷たい唇が一瞬触れられ、すぐ離されたのを感じた。

「え……?」

 輝夜が恐る恐る目を開ける。

「どうした?」
「もういいんですか?」
「もっとして欲しかったのか?」
「そ、そういう意味じゃ…っ!」

 紫仙が笑った。

「もう一度、目を閉じろ」

 輝夜が再び瞳を閉じた。今度はゆっくり丁寧に味わうかのように紫仙の唇が重なった。大人のキスだった。
 嫌悪感しかなかった紫仙の冷たさが、なぜか心地よく感じられた。




面白かったよ!って思ってくださったら下のランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

一応、コメント1件もしくは拍手2つ以上が付いたら、
「読んでもらったもの」と判断して更新します。
なので拍手でいいので、拍手下さい(笑)

作者より
長らくお待たせしまして大変申し訳ありませんでした。
拍手もたくさん頂いて嬉しいです。
こんなに遅筆なのに読んでくださっている方がいらっしゃることがとても嬉しいです。
次回、いよいよ輝夜の17歳の誕生日です。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第16話】へ
  • 【読切!明けない夜はない~秘密のプチ家出(中学生の恋愛・ピュア)】へ

~ Comment ~

NoTitle

改めて、輝夜ちゃんの年齢を確認して、思ったんですが……ロードって、ロードって!!!
まさかのロリコンじゃないですか!!!!!!

でも、輝夜ちゃんが、ホントにいい子で……(*´Д`)

真守様

ロードにまさかのロリコン疑惑(笑)
疑惑じゃなくて言われてみると確かにロリコンですね。
幼児の時から目をつけてますしね。

うちのヒロインは大体こんな感じ。
似たような感じになってしまっています。
「いい子」と思っていただけて嬉しいです。

コメントありがとうございました!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第16話】へ
  • 【読切!明けない夜はない~秘密のプチ家出(中学生の恋愛・ピュア)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。