FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←デス・フィアンセ~死神の婚約者 第20話 →読切!片思い(ショートショート・高校生の恋愛)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第20話】へ
  • 【読切!片思い(ショートショート・高校生の恋愛)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

★読切!(ショートショート・短編) 高校生の恋愛・大人の恋愛・ ファンタジー等

読切!空は飛べない。(社会人の恋愛)

 ←デス・フィアンセ~死神の婚約者 第20話 →読切!片思い(ショートショート・高校生の恋愛)
 俺は飛行機というものを信じない。
 あんな巨大な鉄の塊が宙に浮くなどありえない。リンゴすら地に落ちるというのに。

「ねえ、雅也。新婚旅行はハワイが手頃だけど、私はヨーロッパに行きたいなー」

 電話の向こうから聴き慣れた甘い声がする。婚約者の朱美だ。

「却下。使うのは国内の鉄道のみ。100歩譲って船旅」
「ええー? せっかく有休取るんだよ? 雅也のクリーンな会社と違ってうちの上司は結婚式の当日の有休すら渋るんだよ?」

 朱美の会社の話、特に上司の話は朱美の口から時折聞かされていた。あまり上司と上手くいっていないらしい。

「なら、なおさら長期の有休は難しいだろ。2泊3日程度で国内の温泉でのんびりしよう」

 朱美のことは愛おしかったが、海外旅行には全く興味がなかった。二人きりで過ごすなら国内でも十分だ。

「雅也の飛行機嫌いは知ってるけど! なんとか10日休みを取るから! 雅也も10日くらいお休み取れるでしょ? それでヨーロッパ行こう! フランスやドイツの古城巡りしよう!」

 電話ごしの一方的な声に俺は眉をひそめた。確かに俺の会社は有休を奨励しているし、仕事を調整すれば土日を含んで10日ほどの休みを取れなくもない。だが、飛行機は……。

「朱美。空は飛べないものなんだぞ」
「人類が宇宙にまで行っている時代に何言ってるの! ね、最初で最後の新婚旅行なんだから」

 最初で最後。必ず幸せにするとプロポーズしたのはこちらだ。俺は観念した。

「分かった。朱美が10日休みを取れるなら考える」
「本当!? 嬉しい! あ、プランは私が立てるから任せておいて!」

 嬉しそうな朱美の声に、こっちの頬までゆるんだ。いや、だが、飛行機という大関門が残っている。


 *******************

 翌日の金曜日、仕事後いつものように朱美に電話したが、留守電に切り替わった。
 残業か? まあ、折り返し電話してくるだろう。
 俺は気にせず帰宅して風呂に入り、気づくと眠り込んでいた。

 *******************

 疲れがたまっていたのか、電話の音で起こされたのは翌日の昼前だった。一瞬今日が何曜日か分からず、会社からの電話かと内心焦った。だが、知らない番号だ。

「はい――?」
「海の手病院ですが――」

 電話の内容に俺は携帯を落としかけた。
 朱美が自宅のアパート屋上から飛び降りた――?

 *******************

 真相はこうだった。
 10日休みを取る代償として、上司が朱美に関係を迫った。
 朱美はそれを承諾し、退勤後に上司とホテルへ行ったものの、後に俺への罪悪感で自殺を図ったらしい。
 幸運にも飛び降りた真下の木が朱美を受け止めたため、朱美は奇跡的に一命をとりとめた。
 今は弁護士についてもらっている。

「ねえ、雅也」

 朱美が病院のベッドで呟いた。

「本当に空は飛べなかったね」
「だから、俺が言っただろ。馬鹿」

 俺は朱美の手を握り締めた。飛んでいかないように、二度とこの手を離さない。



面白かったよ!って思ってくださったら下のランキングバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

作者より
某航空会社のサイトを見ながら、「飛行機ってなんで飛ぶんだっけ」と
思ったことから書いてみたらこんなのになりました。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 詩のようなもの
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第20話】へ
  • 【読切!片思い(ショートショート・高校生の恋愛)】へ

~ Comment ~

なんと!

不思議な読後感。
ありふれたカップルの、よくあるやりとり。
それがこんな展開になるとは!
なんというか、見事にやられた!って感じです。←良い意味で。
このふたり、幸せになってほしいなぁ。

NoTitle

こんにちは。マルオです。
主人公の雅也が無事飛行機に乗れて大団円、ではなかったのですね。
ちょっとしんみりしてしまいました。
でも切ないラブストーリーも好きです。

飛行機無理です

飛行機が無理なので 会社の旅行も断っております

鉄の塊が海に浮かぶことさえ 信用できないのに

空だなんて 絶対無理!

多分 どうしても乗らなければならない事情ができたら

ボクは 遺書を残してから搭乗することとなるでしょうww

ご訪問ありがとうございました


フラメント


うさぎ様

コメントをありがとうございました!
やられたって感じになっていただけて嬉しいです。
ちょっとひねりが弱かったかなと思っていたので。

あと、「このふたりに幸せになってもらいたい」というコメントを
頂けたらいいなあと勝手に思っていたところ
そのままズバリとおっしゃっていただけてすごく嬉しいです。

いろいろと嬉しいコメントをどうもありがとうございました!
(いや、コメントをいただけるだけで、さらには読んでいただけるだけで嬉しいんですが)

マルオ様

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます!

先が見えないまま書き始め
(短編はプロットを作らないので、
どうストーリーが進むか自分でも分からないことが多いです)
どうしてもバッドエンドは避けられず、
なんとか最悪の事態は回避した状態です。
しんみりさせてしまって申し訳ありません。
切ないラブストーリー、私も好きです。
でも私が書くとハッピーエンドになってしまうという謎(笑)
今度は切ないラブストーリーを考えてみたいと思います。

本当にいつも読んでくださりコメントも頂きまして
ありがとうございます!

フラメント様

こちらこそ、早速のご訪問&コメントをどうもありがとうございました!
おお、フラメント様は飛行機嫌いなんですね。
そうそう、あんな大きな鉄の塊が空を飛んで移動するなんて。
あと、国際線だと搭乗の2時間前集合とか何日も前から航空券を予約しておくとか
そういう面倒さもあって、作者のSha-Laも飛行機は片手で数えられるほどしか乗ったことがないです。
なので、遺書を残して、という気持ちも分かる気がします(笑)

コメント・ご訪問、本当にありがとうございました!

びっくりな展開でした。

こんにちは。飛行機かあ。私も乗るの嫌だから乗ったことがないなあ。
でも、この主人公の男性は克服するのかなと思っていたら、意外な展開にびっくりしました。
でも、こういう展開のも好きです。
この二人はこれからもずっと一緒にいてほしいです。

愛理様

コメントありがとうございました。
意外と飛行機が苦手という方多いようですね。
私もあんまり積極的には乗りたくないです(笑)

どう書いても、ハッピーエンドにならないなあと思いながら
その中では一番ハッピーエンドに近い展開を選びました。

いつもコメントありがとうございます!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【デス・フィアンセ~死神の婚約者 第20話】へ
  • 【読切!片思い(ショートショート・高校生の恋愛)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。